Asahi Transnational

    
 

NON-DESTRUCTIVE TESTING

Cheetah EVO

高解像度のマイクロフォーカスX線による非破壊検査装置

BGA、IC部品等のエレクトロニクス製品から小型鋳造品の解析に対応したコンパクトサイズのマイクロフォーカスX線による非破壊検査装置。3000倍までの拡大観察も可能。X線透視検査(2D検査)からCTスキャン(3D検査)へのアップグレードによる段階的な導入にも対応。

 

弊社の感想:

下から上への縦型X線照射のため複数個のワークでもテーブル置くだけで検査できます。撮影前にセットするための冶具を必要としません。ソフトウェア技術も優れており、X線撮影画像も非常に鮮明です。操作も非常に簡易化されておりマウスによるワンクリックソリューションによりマニュアル操作が低減されています。

製品 NDT: マイクロフォーカスX線CT検査システム Cheetah EVO
製造元 YXLON

YXLON UX20 [新製品]

透過力のミニフォーカスX線による非破壊検査装置

ベストセラーであるY.MU2000の後継機種となる中型から大型部品用X線およびCT検査システムです。X線(2D)およびCT(3D)共通のシンプルで直感的な操作が可能なユーザーインターフェースとなり、マニュアル検査、半自動検査などワークフローに応じた設定もプリセットされたものを使用可能です。本システムは従来の優れた画像品質だけでなく検査の効率性も高めます。

 

弊社の感想:

本製品では大きくなった230x230mmもしくは430x430mmのフラットパネル検出器を選択可能です。さらにScanExtend機能を使用することでCTスキャンフィールドを拡張可能で大型部品でもスキャンが可能です。お客様はワークサイズの心配を減らすことができると思います。詳細仕様はカタログをダウンロードください。

製品 NDT: ミニフォーカスX線CT検査システム UX20
製造元 YXLON

Y.MU 2000

透過力のミニフォーカスX線による非破壊検査装置

透過力に重点を置いた非破壊検査装置。X線管電圧は450kVまで対応しFRPからアルミニウム鋳造品、鉄鋼までさまざまな材質に利用可。X線透視検査(2D検査)からCTスキャン(3D検査)へのアップグレードによる段階的な導入にも対応。さらにY.MU2000-DはASTM E2737システム性能試験、ASTM E2339/E2699 DICONDE (Digital Imaging and Communication in Non-Destructive Evaluation) 基準による標準画像アーカイビングおよびaluminum (ASTM E2422), investment steel (ASTM E2660), titanium (ASTM E2669), magnesium (ASTM E2869) 等のASTM参照画像をサポートし製造業のお客様の特別な検査要件に対応しています。

 

弊社の感想:

ベストセラーの本製品の機能の中でも特にHDR(Highly Dynamic Radioscopy)-Inspect ソフトウェアによるX線画像品質が優れています。HDR技術により材厚が変化する部位でもどちらか一方にフォーカスすることなく全体を鮮明に画像表示できます。また、2D Moving Image inspection (HDR Filter)技術により、大きなワークをX線を移動させながら検査する際には連続的に”画像処理”をかけながら高画質を維持した動的検査が可能です。X線透視検査ボリュームが多い場合等、検査を生産的に実施する上で最適な機器です。

製品 NDT: ミニフォーカスX線CT検査システム Y.MU2000
製造元 YXLON

YXLON FF20 CT

三次元寸法計測を実現するマルチフォーカスX線による非破壊検査装置

ナノフォーカスによる最高分解能で取得した三次元データからは正確な三次元寸法計測が可能。半導体・電子部品、次世代パワーデバイス・パワーモジュール、新素材・新材料・ライフサイエンス、マイクロシステム、MEMS、MOEMS、2次電池、小型ダイカスト製品等あらゆるアプリケーションや用途に対応します。

製品 NDT: マルチフォーカスX線CT検査システム FF20
製造元 YXLON